読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごだっくのぽんぽこ珍道中

日々のネタやロードバイクの旅ログ的な、他人様の役に立たない日記を書いてます

2015年 真夏のチャリ旅行 [東京 - 静岡 - 三重]

もうずいぶんと経ったけど、梅雨明け直後の猛暑日が連続する真夏の時期に、東京から三重までの自転車旅行をしておりましたのでその記録を。とはいえ文書でつらつらかいても退屈なので、Facebookに上げたアルバムへリンクを貼るだけで済ませますけども・・・。

2015/7/19-24 東海道チャリンコ旅 | Facebook

期間は5泊6日、走行距離は460km程となりました。本当は野宿体験も含めてもっとワイルドな旅にしたかった気もするのですが、毎日の走行の疲れを確実に取り除いていかないと、続ける事が無理な事はいいかげん自分という者をもう把握しておりますので、全てビジネスホテルでした。相棒は軽いパナチタン。こいつにちょっとだけ大き目なサドルバックをぶら下げるだけのお気楽チャリンコ旅となりました。

だいたいの道程

だいたい東海道沿い行けばいいよね、とあらかじめルートの目安だけを頭に入れて、あとは行き当たりばったりの道選び。箱根旧道の山越えが一か所あるくらいで、あとはほぼ平坦な道をマイペースで走り続けるだけ。初日は小田原を目指し、二日目に箱根の山越え、三日目で富士山が後ろになったら後は西に西にずんずん進んで浜名湖へたどりつき、四日目は渥美半島の先っぽから伊勢湾フェリーで対岸の三重県に。五日目は伊勢から海沿いに松坂、津へ。最終六日目は四日市まで北上して、そこで輪行袋に詰めローカル線と新幹線とで名古屋からズバッと帰還。初めての長旅にしてはなかなかうまく行ったのではないでしょうか。楽しかったなあ。

チャリンコ版「道の駅」

そんな道中感じた事。それは「サイクルベースあさひ」の存在のありがたさでした。街道沿い走っているとほぼ一定間隔でお店があるので、空気入れやパンク後のチューブ買い足しなど、主役のチャリンコのトラブルを未然に防いだり対策したりするのに、便利に使わせていただきました。後から振り返ると、あれはチャリンコ旅行のオアシス、道の駅的な頼もしい存在だったなあと。そこまで意識してのお店展開、経営思想だとしたら惚れそうなんですが、それはともかくとして、こちら一部上場企業だったのですねえ。ユニクロニトリなんかとも比較される現在絶好調な優良企業なんだとか。ふむ、頼もしいっす。

あさひ (企業) - Wikipedia

ところで、道中発生したパンクがどうやらすり減ったタイヤにも一因がありそうで、今にも穴の開きそうな状態だったので、あさひでタイヤを購入して交換しました。それがパナレーサーのLEVANTERという製品だったのですが、これ、パナレーサーのWebサイトには掲載がなくてあさひの方にしか情報がありません。3000円弱と安くて見た目もパナレーサーの堅牢なタイヤそのものなんだけど、LEVANTERという誇らしげな製品名がサイドにドデカく書いてあるんです。あさひ専売のようですが、情報の少ない不思議な位置づけの製品。まあでも分厚くて安心。普段使いには良い製品なのでしょう。

 まあ、本当はパナチタン様にはもうちょっとグレードの高いタイヤを履かせたいところなので、こいつはGIOSに移植して、コンチネンタルでも買ってつけようかなと思っております。ついでに、コンポも、DURA-ACEにアップグレードとか・・・ぐふぐふぐ。

 やはり物欲は尽きない・・・。